コルクの気持ちの店長の気持ち

イタリアワインと旨いモノ

コルクの気持ちの店長の気持ち header image 1

ブログのドメイン変更しました

2012年09月15日 · いろいろ

いつもこのブログをご覧下さいまして、ありがとうございます。
お知らせがございます。
はやしや商店の店舗サイトとこのブログを連動させるために、
アドレスを変更いたします。
ブログ名も単純な名前に変更しました。
これからは新しいアドレスでご覧頂ければ幸いです。

はやしや商店のブログ http://hayashiya.biz/com/

→ コメント(0)タグ :

モデーロさんの恒例ワイン会、お手伝いしてきました

2012年04月25日 · 美味しいレストラン

今日は20度越えの予想が出てますね。
配達でいい汗かけそうです。

昨晩、毎月恒例になってます円山クラスのリストランテ・モデーロさんワイン会。
いつもワインのご案内係を仰せつかってます。
今月のお題はカンパーニア州。
お薦めしたのは、

泡 サン・グレゴリオ・ドゥブル・ファランギーナ
白 ヴィノジア・ベネヴェンターノ・ファランギーナ
白 マストロベラルディーノ・フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ
赤 ポッジョ・レ・ヴォルピ・ベネヴェンターノ・アリアニコ
赤 マストロベラルディーノ・ラクリマ・クリスティ・デル・ヴェズーヴィオ
赤 ヴィッラ・マチルデ・ファレルノ・デル・マッシコ・ロッソ

ワインはどれも美味しかったです。
ヴィノジアは初めて使いました。
サン・グレゴリオと兄弟みたいなモノですけど、味わいは全く別物。
面白かったです。

で、肝心のお料理。
今回は珍しくスマフォじゃなくてカメラをちゃんと持っていきましたので、
美味しそうにとれたと思います。

ではいきます。



先ずはカプレーゼ。
トマト、とっても甘かったです。
道産のモツァレッラと相性バッチリです。



春のお野菜、ローストしてくれました。
いやぁ~、春ですね。
甘い地物のアスパラを食べますと、春の喜びを感じます。



スモークの効いた自家製ベーコンとキノコのパスタ。
ウズラの卵がのってます。
実はこの味付け、吉村シェフ特製の「ケチャップ」味。
ナポリタンをかなり意識されたようです。
イタリア人が何というかわかりませんが、日本人にはなんとも懐かしい味わい。
果実味の効いた軽めのアリアニコにとっても相性がよかったです。



長崎県産青ムツをアクアパッツァ風にしてくれました。
出汁のきいたソースがタマリマセン。



ブタのロースト、グラッパで風味づけされてます。
グラッパの甘い香り、豚肉と合うんですね。
あと付け合わせのスペルと小麦。
クリーム系の味付けでした。
これがとてもおいしかった。



ドルチェ。
レモンのソルベの酸味がタマリマセン。
手前のまあるいの。
何層にもなっていてとっても美味しかったんですけど、なんてお菓子なんだろう。
ティラミスでもないし。
また食べたいです。

ワイン6種類とこれだけ食べて、大変満足でした。
こんな楽しいお仕事を毎月頂戴できて、私は大変幸せ者です。

ちなみにこれで会費は6000円。
驚きの価格設定だと思います。
来月は22日にモリーゼ州のお題で開催予定です。
ご興味のある方はぜひモデーロさんまでお問い合わせ下さい。

リストランテ・モデーロ
札幌市中央区南1条西27丁目 maruyama class 3階
TEL 011-624-8787

モデーロさんのサイトへリンク

→ コメント(0)タグ :

【お知らせ】明日のフードライナーさん試飲会リスト

2012年03月27日 · 店長日記

チト寒いですが、とってもよいお天気です。

さて、明日3月28日は以前にもお知らせいたしましたとおり、
(有)フードライナーさん主催の飲食店様向け試飲会があります。
そこで出展予定のワインリストを送ってもらいましたので、
こちらにも掲載いたします。
リストは下のリンク先からご確認下さい。

(有)フードライナー試飲会リスト


詳細は以下の通りです。
一応お申し込みが必要となっておりますが、
札幌担当の森宗さんより「当日飛び入り参加大歓迎です」とのことでした。

お忙しい時期とは存じますが、皆様のご参加を心よりお待ちしています。



業務店様向けイタリアワイン試飲会
主催 (有)フードライナー
日時 2012年3月28日(水) 13:00~16:00
場所 カンティネッタ サリュ
札幌市中央区南3条西3丁目2-2 Gダイニングビル1階

→ コメント(0)タグ :

【晩酌報告】フラテッリ・ジャコーザ・バルベーラ・ダルバ

2012年03月25日 · 晩酌報告

雪、いつまでも降りますね。
予報ではあと2週間くらい低温が続くみたい。
薄着で配達できる時期が待ち遠しいです。
でもその前に、薄着で目立つであろうお腹をどうにかしなきゃ(>_<)
なんかここ一年で特に出っ張ってきたような気がします。
食生活、特に変わっていないんですよ。
きっと代謝がどんどん落ちてきているんでしょうね。
このままじゃ茄子に棒が刺さったような体型になっちゃいそうです。。。。

本題。
昨晩飲んだワインをご報告です。



ジャコーザ・フラテッリ
バルベーラ・ダルバ 2010年
はやしや税込価格1481円
大樽6ヶ月熟成



見た目グラスの底が映る位の、透明度の高い色合いです。
香りはベリー系。
複雑な香りではなく、ストレートな果実香がよくあがってきます。

一口目。
「酸っぺーかな・・・」。
開けた瞬間の一口目は、強めの酸で口の中が一杯になります。
バランスの範囲から飛び抜けて、失敗感すら感じました。
「しまった、まだ早かったか」と。
実はこのバルベーラ、つい最近ビンテージ変更になったばかり。
溌剌とした酸味は、まだまだ若い元気のあるワインと言うところなんでしょうね。

5分くらい経過。
だんだん味がまとまってきました。
さっきの酸味がとっても滑らかに変化して、
言うなれば食事のお伴に最高の状態へ近づいていきます。

色合いからもわかるように、
このワインは濃度を楽しむようなタイプではありません。
繊細で柔らかい口当たりと丁度よい強さになった酸味。
口に含みますと食べていたお料理の余韻をより強いものにして、
尚かつ口の中がリセットされまた次のお料理へ進んでいく。
そんな楽しみ方をするべきワインです。
まさに食中酒として最高のワインだと思います。

飲みすすめていきますと、僅かずつですが果実味が強くなってきます。
その変化は味わいの変化と言うよりは、香りの甘さが強くなっていく感じ。
口当たりは最後まで滑らかで繊細なままです。
最後の一口まで清らかなイメージを保っていました。

あと、最初の酸味からしますと価格の割によい熟成を期待できるかもしれません。
おそらく5年くらいかけて美味しくなり続けることと思われます。
もしセラーの隙間がありましたら、
この手のワインを寝かせておくのも面白いかもしれませんね。

肴。



菜の花の油炒め、卵でとじたの。
鰤ステーキ塩麹入りトマトソース。
全部自分でボイルしたミックスベジタブル。
マグロブツのオリーブオイル和えオレガノ味。

菜の花、外は雪ですが春を感じました。

今回飲んだワイン、このどのお料理にも喧嘩しませんでした。
繊細な飲み口は、
たとえば菜の花の絶妙な苦みを消し去るようなことはしません。
そして丁度よい強さになった酸味のおかげで、
それぞれの料理の味わいがより引き立つような気がしました。

あと、塩麹。
遅ればせながらウチでいまブームです。
漬け肉、漬け魚。
この辺は美味しいのわかります。
トマトソース。
これがとてもいい感じ。
甘みが増して、美味しく頂けました。

カミさん、ごちそうさまでした。

→ コメント(0)タグ : ·

【晩酌報告】プラート・ロッソ イタリア産クラフトビール 飲んでみました

2012年03月13日 · 晩酌報告

思ったより気温があがらず、寒い日が続きますね。
これを書いている今もどんより曇り空。
パァーっと晴れないかな。

さて、昨晩はモンテ物産さんで新しく取り扱いの始まったイタリアビールを飲んでみました。
チト高級ビールです。



新規に4アイテム入荷したそうですが、まず2アイテム仕入れました。
左から。

プラートロッソ社
ビッラ・ロッサ 750ml
税込価格 1390円
原材料 大麦麦芽、砂糖、ホップ
アルコール度数 8度

右側

プラート・ロッソ社
ビッラ・ビアンカ 750ml
税込価格 1390円
原材料 麦芽(大麦、小麦、ライ麦)、トウモロコシ、砂糖、ホップ
アルコール度数 5度

容量はワインと同じ750mlです。
キャップは王冠。



上で手を伸ばしてるのはカミさんです。
今開けるからちょっと待ってろ。



まずビアンカの方から飲みました。
国産ビールから見ますとかなり濃い色合い。
ビールの粘性が高いせいか、泡のもちがよかったです。
香りはとてもフルーティ。
オレンジとか梨とか。
ホップの香りもちゃんとしますが、苦みは殆ど感じません。
味わいは「豊か」の一言。
濃厚な液体がゆっくりと喉を通っていく感じが、
国産ビールのそれとは全く違うおいしさをひきだしています。
いやいや、旨いです。



次はロッサ。
注ぐのへたで泡がボコボコになっちゃった。
色、スゴク濃い。
香りも強くあがっています。
麦芽をローストしているので、甘いカラメルのような香りがします。
あと、熟熟のバナナやパインの香りも。
そして香りと同じくらい甘いのが飲み口。
ナッツや香辛料のニュアンスなんかも感じられ、
ビールにしては高いアルコール度数も手伝ってかなりしっかりとした味わいです。

プラートロッソ社は原料の大麦から自社生産しているそうです。
醸造は上面発酵。
18~25度で一次発酵させ、40日以上かけて瓶内二次発酵をさせるとのこと。
原料に砂糖が入っているので、おそらくこの瓶内発酵時に使うんでしょうかね。
メトード・クラッシコみたいに。
あと、輸入ビールですが「生ビール」です。
お値段少しお高めなのは、品質を生かしたまま輸入するコストがかかっているみたいです。

ガブガブ飲むビールも美味しいですが、
たまにはゆっくりと味わいを確かめながら楽しむビールもいいと思います。
大変美味しかったです。
お薦めですよ。

ちなみに肴。



味噌汁のわかめと真ん中のメカブは三陸産。
プチだけど応援企画だそうです。
あと、今更塩麹を試してみました。
焼き魚の手前のほう、タラを10分位つけてみたそうです。
塩麹、噂通り美味しいです。
臭みが全くなくなって、味が濃くなる感じでした。

カミさん、ごちそうさまでした。

→ コメント(0)タグ : ··