コルクの気持ちの店長の気持ち

イタリアワインと旨いモノ

コルクの気持ちの店長の気持ち header image 4

ビッラ・ビアンカ

【晩酌報告】プラート・ロッソ イタリア産クラフトビール 飲んでみました

2012年03月13日 · コメント(0) · 晩酌報告

思ったより気温があがらず、寒い日が続きますね。 これを書いている今もどんより曇り空。 パァーっと晴れないかな。 さて、昨晩はモンテ物産さんで新しく取り扱いの始まったイタリアビールを飲んでみました。 チト高級ビールです。 新規に4アイテム入荷したそうですが、まず2アイテム仕入れました。 左から。 プラートロッソ社 ビッラ・ロッサ 750ml 税込価格 1390円 原材料 大麦麦芽、砂糖、ホップ アルコール度数 8度 右側 プラート・ロッソ社 ビッラ・ビアンカ 750ml 税込価格 1390円 原材料 麦芽(大麦、小麦、ライ麦)、トウモロコシ、砂糖、ホップ アルコール度数 5度 容量はワインと同じ750mlです。 キャップは王冠。 上で手を伸ばしてるのはカミさんです。 今開けるからちょっと待ってろ。 まずビアンカの方から飲みました。 国産ビールから見ますとかなり濃い色合い。 ビールの粘性が高いせいか、泡のもちがよかったです。 香りはとてもフルーティ。 オレンジとか梨とか。 ホップの香りもちゃんとしますが、苦みは殆ど感じません。 味わいは「豊か」の一言。 濃厚な液体がゆっくりと喉を通っていく感じが、 国産ビールのそれとは全く違うおいしさをひきだしています。 いやいや、旨いです。 次はロッサ。 注ぐのへたで泡がボコボコになっちゃった。 色、スゴク濃い。 香りも強くあがっています。 麦芽をローストしているので、甘いカラメルのような香りがします。 あと、熟熟のバナナやパインの香りも。 そして香りと同じくらい甘いのが飲み口。 ナッツや香辛料のニュアンスなんかも感じられ、 ビールにしては高いアルコール度数も手伝ってかなりしっかりとした味わいです。 プラートロッソ社は原料の大麦から自社生産しているそうです。 醸造は上面発酵。 18~25度で一次発酵させ、40日以上かけて瓶内二次発酵をさせるとのこと。 原料に砂糖が入っているので、おそらくこの瓶内発酵時に使うんでしょうかね。 メトード・クラッシコみたいに。 あと、輸入ビールですが「生ビール」です。 お値段少しお高めなのは、品質を生かしたまま輸入するコストがかかっているみたいです。 ガブガブ飲むビールも美味しいですが、 たまにはゆっくりと味わいを確かめながら楽しむビールもいいと思います。 大変美味しかったです。 お薦めですよ。 ちなみに肴。 味噌汁のわかめと真ん中のメカブは三陸産。 プチだけど応援企画だそうです。 [...]

[続きを読む →]

タグ : ··