コルクの気持ちの店長の気持ち

イタリアワインと旨いモノ

コルクの気持ちの店長の気持ち header image 4

フラテッリ・ジャコーザ

【晩酌報告】フラテッリ・ジャコーザ・バルベーラ・ダルバ

2012年03月25日 · コメント(0) · 晩酌報告

雪、いつまでも降りますね。 予報ではあと2週間くらい低温が続くみたい。 薄着で配達できる時期が待ち遠しいです。 でもその前に、薄着で目立つであろうお腹をどうにかしなきゃ(>_<) なんかここ一年で特に出っ張ってきたような気がします。 食生活、特に変わっていないんですよ。 きっと代謝がどんどん落ちてきているんでしょうね。 このままじゃ茄子に棒が刺さったような体型になっちゃいそうです。。。。 本題。 昨晩飲んだワインをご報告です。 ジャコーザ・フラテッリ バルベーラ・ダルバ 2010年 はやしや税込価格1481円 大樽6ヶ月熟成 見た目グラスの底が映る位の、透明度の高い色合いです。 香りはベリー系。 複雑な香りではなく、ストレートな果実香がよくあがってきます。 一口目。 「酸っぺーかな・・・」。 開けた瞬間の一口目は、強めの酸で口の中が一杯になります。 バランスの範囲から飛び抜けて、失敗感すら感じました。 「しまった、まだ早かったか」と。 実はこのバルベーラ、つい最近ビンテージ変更になったばかり。 溌剌とした酸味は、まだまだ若い元気のあるワインと言うところなんでしょうね。 5分くらい経過。 だんだん味がまとまってきました。 さっきの酸味がとっても滑らかに変化して、 言うなれば食事のお伴に最高の状態へ近づいていきます。 色合いからもわかるように、 このワインは濃度を楽しむようなタイプではありません。 繊細で柔らかい口当たりと丁度よい強さになった酸味。 口に含みますと食べていたお料理の余韻をより強いものにして、 尚かつ口の中がリセットされまた次のお料理へ進んでいく。 そんな楽しみ方をするべきワインです。 まさに食中酒として最高のワインだと思います。 飲みすすめていきますと、僅かずつですが果実味が強くなってきます。 その変化は味わいの変化と言うよりは、香りの甘さが強くなっていく感じ。 口当たりは最後まで滑らかで繊細なままです。 最後の一口まで清らかなイメージを保っていました。 あと、最初の酸味からしますと価格の割によい熟成を期待できるかもしれません。 おそらく5年くらいかけて美味しくなり続けることと思われます。 もしセラーの隙間がありましたら、 この手のワインを寝かせておくのも面白いかもしれませんね。 肴。 菜の花の油炒め、卵でとじたの。 鰤ステーキ塩麹入りトマトソース。 全部自分でボイルしたミックスベジタブル。 マグロブツのオリーブオイル和えオレガノ味。 菜の花、外は雪ですが春を感じました。 今回飲んだワイン、このどのお料理にも喧嘩しませんでした。 繊細な飲み口は、 たとえば菜の花の絶妙な苦みを消し去るようなことはしません。 そして丁度よい強さになった酸味のおかげで、 それぞれの料理の味わいがより引き立つような気がしました。 あと、塩麹。 [...]

[続きを読む →]

タグ : ·